エイトシールF-100シリーズ

耐薬品性、耐熱性、耐油性に優れ、
シリコン系等では厳しい環境下にも適用可能

どんなことにお悩みですか?

そんな時にはエイトシールF-100シリーズ

「エイトシールF-100シリーズ」が選ばれる理由

  • フッ素ゴム系だから、他の種類のシール剤では難しい場面でもご使用いただけます。
  • 優れた耐薬品性、耐熱性、耐油性を長期間に渡ってキープします。

お客様の声

  • 吹き出し
    排気ダクトのフランジ面でシール剤を使用しているが、内部流体に耐性がない。何か耐酸、耐アルカリ性のあるシール剤はないか?と悩んでいた。
    F-100シリーズをフランジ面に挟み込んで使用することにより、漏れもなく改修サイクルも長くなりコストダウンにも繋がった。
  • 吹き出し
    作業油、切削油などに耐性のあるシール剤はないか。装置内の継ぎ目などに変性シリコンを使用しているが劣化が速く困っていた。
    F-100シリーズを使用することにより改善され、定期的な改修作業もサイクルが長くなり回数も減りコストダウンにも繋がることができた。

「エイトシールF-100シリーズ」3つの特徴

主原料をフッ素ゴム系にしているため、耐薬品性、耐熱性、耐油性に優れており、厳しい環境下でもご使用いただける可能性の高い製品です。
酸・アルカリ系等の雰囲気下でのシール剤として、また優れた耐油性で、切削油、軽油、ガソリン、作業油等への耐性の必要な環境下でのシール剤としてもご使用いただけます。

エイトシールの製品一覧表はこちら

  • 固形分が高く、従来のフッ素ゴム塗料より厚めの塗装(約100μm)が可能です。
  • 酸、アルカリ、油類に対して、優れた耐性を示します。
  • フッ素ゴムの持つ優れた耐熱性により、200℃の環境下でも性能を発揮します。

主な用途

  • 配管フランジ部等接合面のシール
  • ダクト接合部のシール
  • その他耐熱、耐薬品性が必要な設備、装置内部などのシール、補修目的等

製品詳細

商品名 容器 容量 タイプ
F-106 チューブ
カートリッジ
100g
400g
一液型
F-113 チューブ
カートリッジ
80g
370g
一液型

基本物性

F-106 F-113
外観 アイボリー ベージュ
粘度(mPa・s,25℃) 250,000 150,000
不揮発分 61 51
特徴 標準品 耐アルカリ
使用溶剤 酢酸エチル THF※1

※代表値であり、規格値ではありません。

※1 THF・・・テトラヒドロフラン

性能試験結果

耐薬品性

薬品名 F-106 F-113
硝酸(65%) A A
硫酸(95%) B A
塩酸(36%) A A
NaOH(30%) C A

※評価基準 A:優(重量変化率が0~5%)、B:良(重量変化率が5~10%)、C:可(重量変化率が10~30%)、D:不可
(上記適性は、弊社内試験の結果を元にした独自の評価です。使用条件等により適性が変化することがありますので、必ずご使用前に確認試験を行って下さい。)

 

耐熱性

温度 F-106 F-113
150℃ A A
200℃ B A

※評価基準 A:優(重量変化率が0~5%)、B:良(重量変化率が5~10%)、C:可(重量変化率が10~30%)、D:不可
(上記適性は、弊社内試験の結果を元にした独自の評価です。使用条件等により適性が変化することがありますので、必ずご使用前に確認試験を行って下さい。)

ご使用上の注意

 エイトシールF-100シリーズは、粘度が高めに設計された、フッ素ゴムを主成分としたペースト状のシール剤です。

 一般的なシーラント(シリコーン系、ウレタン系など)とは性質(塗装性、性能)が異なります(JIS等の規格適合品ではありません)。作業性や性能に関しましては、サンプルでの事前評価によりご確認くださいますようお願いいたします。

 

①本製品は、有機溶剤を使用しています。製品安全データシートをよく読み、安全に十分注意した上でご使用ください。

②本製品は、成分中の有機溶剤の乾燥による体積減少(肉減り)があります。厚膜を確保したい場合は、重ね塗りを行って

 ください。重ね塗りは、半日から1日程度経過後(シール剤表面に汚れ等の付着がある場合は除去後)行ってください。

③環境条件(風、温度、湿度など)により、表面の乾燥が速くなり、極端に施工性が低下することがあります。

④基材がゴムや樹脂の場合、また金属でも表面塗装がある場合は、有機溶剤の影響により変色、軟化、溶解などが起こる

 場合があります。事前にご確認ください。

⑤コンクリートやモルタルなど基材材質の表面が脆い場合、塗装が困難な場合があります。(高粘度ゴム塗料で基材への

 浸透が困難なため。)

⑥塗装は押さえつけるようにゆっくり行ってください。早く、また引っ張るようにした場合、隙間や、巻き込んだ気泡部分

 の乾燥による気泡痕や亀裂が発生することがあります。

⑦液ダレしにくいよう設計していますが、垂直面などへ施工する場合は液ダレが発生する場合があります。事前にご確認

 ください。

⑧開封後はその日のうちにご使用ください。やむを得ず保管する時は密栓し、出来るだけ早く使い切ってください。また

 チューブやカートリッジをご使用の場合で、使い切らずに保管した場合、吐出口付近に残留した塗料は乾燥して硬くなる

 ことがありますので、除去してください。

⑨本製品は、硬化反応はしません(有機溶剤乾燥のみ)ので、一部の有機溶剤(酢酸エステル系、ケトン系など)には溶解

 します。

⑩塗装直後に貼り合わせなどを行うと、乾燥できなく(しにくく)なったり、乾燥過程で隙間が発生したりすることがあり

 ます(特に「面」の接着剤用途には向きません)。

⑪乾燥した塗膜は伸びが小さく硬いため、施工部分にひずみやズレ、振動などが発生すると亀裂や割れを生ずることがあり

 ます。事前にご確認ください。

⑫加圧下で使用する場合は、事前評価による確認を行った上でご使用ください。

⑬本製品に関する性能評価(耐熱性、耐薬品性など)は、それぞれ単独で実施しています。実際に使用される状況では条件

 が複合(高温の薬品など)である場合がありますので、性能や施工性に関し、実機又はそれに準じた方法での事前確認を

 お願いいたします。

⑭シリコーン、ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂など(難接着物)へは密着が困難です。

使用方法

清浄

基材塗装面のゴミ、油分等を除去してください。

塗布

有機溶剤を使用した製品のため、火気に注意し換気を十分にし作業を行ってください。

乾燥

指触乾燥は数分で、完全乾燥には厚みにより塗布後2日~7日程度かかる場合がございます。加熱による乾燥(強制乾燥)を行う場合、溶剤蒸気による発泡にご注意ください。

会社概要

会社概要写真01img_company_02

日々の業務の中で老化・劣化・腐食・漏れなどの問題は絶えず進行しています。
それは時に大きな問題を引き起こす要因となり、莫大な費用を要するものになったり、製品や部品の寿命を縮めて改修や交換のコストがかかったりと、決して見過ごす事の出来ない問題に発展します。
近年の技術革新はめざましいですが、それでも、使用される材料におけるコストダウンの要求や、環境対応の為の、耐熱・耐油・耐圧・耐薬品・絶縁・防湿・防水・潤滑・非粘着などの性能向上の必要性は高いです。
その為のシール剤やコーティング剤の相談が後を絶ちません。
こうした多くの技術課題に、私たちは積極的に取り組んでいく事をお約束します。

社名 太平化成株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田東松下町28番地
事業所所在地 埼玉県八潮市二丁目1075-1
創業 昭和51年8月7日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 井上之喜
事業内容
  • 特殊シール剤、コーティング剤の開発
  • ネジ金具へのエイトシール塗布加工
  • ネジ金具シール剤塗布機の製造・販売
  • OA機器用各種ゴム及び金属ロール表面改質剤の開発・製造・販売
  • 自動車各種機器、スチールガスケット用シール剤の開発・製造・販売
  • 各種接着剤の開発・製造・販売
▲ページの先頭へ